簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

強くかかりすぎたパーマを伸ばす方法

TOP > パーマスタイル > title - 強くかかりすぎたパーマを伸ばす方法

Q.パーマが強くかかりすぎて、自分が思っていたよりクルクルになってしまいました・・・
パーマを伸ばす方法はありますか?


パーマがかかりすぎたのを落とす方法はこのような方法があります。

  • 毎日ブローで伸ばす
  • 美容院にもう一度行きパーマのかけなおしをしてもらう
  • パーマ剤を買い、自宅でかけなおす
  • カラーをする

美容室にもう一度行き、修正してもらうのが一番よい方法だとは思うのですが、
美容室にいけない場合は、自分でパーマ液を買って、
パーマの1液をパーマがかかっているところに塗り、指定の時間おいたら2液をつけて流すと、ウエーブがゆるくなります。

後は、パーマをかけた後カラーをするとウエーブがとれやすいので、カラーをしてみる・・・という方法もありますが、そちらも髪の毛の傷みが気になります。


ブローでパーマを伸ばすコツは、髪が半乾きの時に手ぐしでもブラシを使ってでも良いので、髪の毛にテンションがかかるように梳きながら、引っぱりながら乾かすことです。

手ぐしで髪の毛を引っぱりながら乾かして、毛先をぴんと引っぱったままドライヤーの熱を冷風にして、形を固定させるとなお良いです。
ブラシの場合は、ブラシを髪の毛に当てたまま冷風で冷やします。

ブロー前にオイル系の洗い流さないトリートメントを気持ち多めにつけると髪の毛がしっとりして、ブローの持ちもよくなります。


パーマをせっかくかけたのに思うようにいかないって切なくなりますよね・・・
パーマで納得がいかない場合、美容室にもう一度修正に行ってあげてください。

修正に行くことで、掛かりすぎた理由や、髪質などを理解してくれると思います。
髪質の問題で出来ないパーマスタイルもあります。
そういうことも教えてくれると思います・・・

超直毛の方のパーマって加減が難しいんですよね・・・
パーマの掛かり方は髪質で変わってくるので、自分の髪質や好みを理解してくれる専属の美容師さんを見つけるのも良いんじゃないかなぁと思います。
スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  パーマスタイル
スポンサーリンク
こんばんゎ♪
パーマかかりすぎた時はかなり焦ります(^o^;)
やっぱりもう一度かけ直してあげたいですね!
[ 2010/04/18 00:45 ] [ 編集 ]
パーマかかりすぎると冷や汗出てきます(;´д`)
修正に来てくれるお客さんには感謝ですよね~!
[ 2010/04/19 10:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク