簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

泡のヘアカラー(毛染め)をしたら毛先が暗くなった時の対処法

TOP > 毛染め(ヘアカラー) > title - 泡のヘアカラー(毛染め)をしたら毛先が暗くなった時の対処法

Q.泡の毛染めでヘアカラーをしたんですが、根元だけ綺麗に染まって毛先が暗くなってしまいました。
染め直す以外に毛先を明るくする方法はありますか?


自宅でヘアカラーをして、毛先と根元のが違う色になってしまった・・・とゆうことは結構経験されている方が多いんじゃないかな?と思います。
ヘアカラーは髪の毛の傷み具合や、温度によって効果が変わるので、綺麗にヘアカラーの色を均一にしようと思ったら少しコツが必要なんです。


毛染めがムラになる原因・理由


髪の毛を染める時、色の変化に関係するものは、液の強さと、温度、髪の毛の傷み具合です。

髪の毛を既に染めていて、根元が伸びてきたからまたカラーをする時、根元より毛先のほうが痛んでいる状態になっています。
髪の毛が痛んでいる部分はカラー剤が浸透しやすくなり、明るくするカラー剤を塗った場合、明るくなりやすく、色を入れる場合、色味が入りやすくなります。

ヘアカラーの液が弱いと、髪の毛を染めるのが難しいので、市販されているヘアカラーは美容室で使用するものより液が強めに作られているものが多いんです。


カラー剤が強い=痛んでいる所に強く作用する


事になるので、色味を入れるカラー剤の場合、毛先が根元より濃い色になる場合があります。

髪の毛を染める時に、根元と毛先を同じ色で同じ時間染めてしまうとこのようなことが起こりやすいんです。


毛染めで色むらになった時の対処法


毛染めで毛先に色味が入りすぎた時は、洗浄力の強いシャンプーで洗うと色味が落ちて行き、元の明るさの髪の毛に戻ります

ヘアカラーであれば洗浄力の強いシャンプーで色は落ちやすいんですが、白髪染めや、髪色戻しの場合、色味が強いのでなかなか色が抜けないと思います。

今市販の泡のカラー剤が楽にカラーリングができて評判が良いようですが、市販のカラー剤は全般的に液が強いので髪の毛が痛みやすいです。
カラーをするたびに髪の毛全体を染めていると毛先に負担がかかりすぎてしまい、毛先に色が入りすぎる原因にもなります。 スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ

  毛染め(ヘアカラー)
スポンサーリンク
こんばんゎ☆

最近は自分カラーの需要が増えてますね!

自分カラーで失敗して美容室で直して欲しいというお客様が多くて(*´Д`)=з

うちではカラーチケットを作って集客頑張ってます♪最初から美容室来てもらいたいですね。
[ 2010/03/11 00:49 ] [ 編集 ]
Re: hiroさん
特に学生さんの黒染めをしている方のトーンアップは大変ですよね( ◢д◣)ムゥ
卒業シーズンに高校生のお客さんが多くで黒染めしている方のトーンアップに必死でしたw

綺麗にカラーするならやっぱり美容室が一番ですね♪
[ 2010/03/11 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク