簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

シャンプーの成分シリコンは髪の毛に悪いの?

TOP > シャンプー > title - シャンプーの成分シリコンは髪の毛に悪いの?

シャンプーの成分の中に「シリコン」が入っていると髪の毛に悪い・・・と最近良く耳にします。

私が現役美容師だった頃は、シリコンが悪い!!と言う話はあまり聞かなかったので、美容師ならではのシリコンについての知識がありません。

最近、現役美容師さんに「シリコン入りのシャンプーは良くないよ」と言われ、初めてシリコンの存在を知り、シリコン=悪いと言う風潮になっていることを知りました。

なので、なぜシャンプーに入っているシリコンは悪いのかを調べてみました。
shampoo.gif

シリコンとは?


正確に言うと、「シリコン」ではなく「シリコーン」なんですよね。

シリコンとは、オイルのようなもので、髪の毛にくっつき、コーティングします。 コーティング力は抜群で、枝毛をくっつける効果があり、痛んだ髪の毛にはかなり便利で安全な成分なのです。

なので、シリコンが入っているシャンプーやコンディショナーを使用すると、かなり手触りが良くなります。

それは、シリコンが髪の毛の痛んでささくれているいるキューティクルをコーティングし、デコボコをなくしているからなんです。
シリコンはあくまでコーティングの役割しかないので、髪の毛を修復するトリートメント効果はありません。

しかも、シリコンは疎水性(そすいせい)のものにくっつきやすい性質なのです。

疎水性のものとは、水をあまり含んでいないもの、と言うことなので、水を弾くような健康な髪の毛にくっつきやすい性質を持っているということです。

逆に、ハイダメージ毛にはコーティングできないんです!
超ハイダメージ毛(ポーラス毛)って、なかなか乾きにくいですよね?
そういうキューティクルがボロボロになっていて髪の毛の芯も痛んでいる髪の毛には付けても落ちてしまうんですね。

つまりシリコンは健康な髪の毛に付きやすい成分なんです。
しかも、くっついたら取れにくい、と言う性質も持っています。


健康な部分にくっつきやすい&取れにくいので、使い続けるとカラーやパーマがかかりにくい状態になったり、髪の毛がコーティングされすぎて乾きにくくなったりします。


つまり、シリコンは軽度のダメージを修復するのには向いているけど、ハイダメージにはあまり効果が無い・・・と言うことです。


シャンプーの中の成分のシリコンについて


市販のシャンプーにはほとんどシリコンは入っているようです。

市販のシャンプーは強い洗浄力があるので、シリコンを沢山入れて手触りを良くさせよう、という商品が多いんじゃないかな、と思います。

昔のものより最近の市販のシャンプーはサラサラになる気がしませんか?

シャンプーで髪の毛が綺麗になったように感じるのは、ほとんどシリコンによるものなんです。
シャンプーしただけでサラサラする・・・というのはシリコンが沢山入っているからなんですね。


シリコンは悪い!!というのが今は一般的な意見になっているようですが、シャンプーにシリコンが入っていないと、手触りはかなり悪くなりますし、髪の毛同士がすれて、ダメージにも繋がりまねません。


シリコン=悪い!!

では無く、過度にシリコンが入りすぎているシャンプーは「悪い」といえます。
逆に、髪の毛が傷んでいる人にはシャンプーに「シリコン」は多少は必要だと私は思いますが、 「シリコン」ではない保湿成分が配合されているシャンプーが一番安心です。


シリコンが入っているシャンプーで一番心配なのは、頭皮の毛穴までコーティングしてしまう事です。

毛穴が詰まってしまうと、髪の毛にも悪いです。

シャンプーは元々、頭皮をきれいにする目的のものですので、 特に髪の毛が健康な人がシリコン入りのシャンプーを使いつづけると、髪の毛がべっとりして乾きにくくなってしまうケースがあると聞きました。

シャンプーは髪質にあわせて選ぶようにしましょう。

市販のシャンプーの選び方


トリートメントの中の成分のシリコンについて


トリートメントや洗い流さないトリートメントの中にも「シリコン」は入っています。
それって髪の毛に悪いんじゃないの・・・?と思いますよね。

上記にも書きましたが、シリコンは髪の毛をコーティングするもの。
なので、トリートメントにはシリコンが入っていて良いんです!!

シャンプーは汚れを落とすもの
トリートメントは髪の毛を保護するもの

ですよね!
トリートメントの中には、シリコンの他にも髪の毛の内部を修復する成分が入っています。(入っていない安価なトリートメントもありますが・・・)

その髪の毛の内部を修復する成分をシリコンでコーティングすることはとても大切なことですよね。

なので、シリコン入りのトリートメントを傷んでいる部分のみに使用することはとってもおすすめです。


で、結局シリコンってどうよ?


市販のシャンプー&コンディショナーをセットで使用すると、髪の毛にシリコンがたまりやすくなるんだとか。

  • 髪の毛がそんなに痛んでいない人は、シリコンが入っていないシャンプーがおすすめ
  • 髪の毛が痛んでいる人は、シリコンが少なめのシャンプーを使用して、しっかりトリートメントで潤すこと

シリコンとうまく付き合ってゆくこと、これに限ります。

石鹸シャンプーのデメリット
シリコンが気になる方におすすめ アミノ酸系シャンプーの選び方 スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアケアの方法
  シャンプー
スポンサーリンク
通りがかり
その含有シリコンが水溶性か否かが問題なのです。
[ 2011/02/17 12:51 ] [ 編集 ]
名無しさん

コメントありがとうございます!
水溶性、勉強不足で知りませんでした(汗
シリコンにも色々種類があり、質があるんですね!
[ 2011/02/18 20:52 ] [ 編集 ]
水溶性は水で流せるシリコンではありませんよ。
水に、溶けている、シリコンです。

つまりシリコンはシリコンです。


従来のものは確かにシリコン、油、アルコール、水分で表面をコーティングします。

表面をコーティングしてるので濡れている時はしっとりしていますが、
乾かすと同時に髪の内側の水分が蒸発、パサついて硬くなります。
艶感が持続しないです。

言いたいことは分かりますけど。

子供には‥‥とかある時点で私個人としてはウーンと思ってしまうんですが。

ノンシリコンならみんな使えるのに。

説明が下っ手くそでスイマセン。


[ 2012/02/18 19:22 ] [ 編集 ]
斉藤さん

コメント有難うございます(*´∀`*)
水溶性シリコンの事は、コメント頂いた後、自分なりに調べてみたて、記事にしてみたのですが、正しい理解が出来ていますでしょうか・・・ι(´Д`υ)
http://kaminokebiyousi.blog99.fc2.com/blog-entry-121.html

子供には…という部分は、現役美容師さんに教えてもらった情報でして、間違っていますか?ι(´Д`υ)

つまり、シリコンには髪を守る役割は無い、メリットはない、と言う事でしょうか?(´ε`;)

色々ご指摘有難うございます!
[ 2012/03/09 15:36 ] [ 編集 ]
自分はノンシリコンおすすめですね。
皆さん髪に髪にと言ってますが、自分が思うに、頭皮の毛穴を詰めてしまう事が問題だと思ぃます。
確かにシリコンは必要不可欠な物なのでトリートメントは使用した方がいいでしょう。ただし、過度に毛先にシリコンが溜まると、パーマやカラーの邪魔になるのでシリコン除去が必要になると思います!シリコンとうまく付き合って行くと言うのには賛成ですね。
[ 2012/06/20 11:39 ] [ 編集 ]
荒井様
コメント有難うございます(*´∀`*)
私も今はノンシリコンシャンプーを愛用しています。

頭皮は髪の毛の命ですよね!
[ 2012/06/23 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク