簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

市販のシャンプーの選び方

TOP > シャンプー > title - 市販のシャンプーの選び方

市販のシャンプーって何を選べば良いのか、分かりませんよね。

市販のシャンプーを選ぶコツは、シャンプーの裏側に書いてある「成分表示」にあります。

表示成分に書かれている成分は、そのシャンプーの含まれている量の多い順に並んでいるので、先頭に近いほど多く含まれています。

シャンプーは、基本的に水分が一番多く含まれるので、だいたい「水」が先頭に書いてあると思います。
その次に多い成分が、髪の毛の汚れを落とすのに必要な、「界面活性剤」です。

この、「界面活性剤」が強すぎるシャンプーを使うと、髪の毛が傷んでしまうんです

シャンプーの裏の成分を見て、

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム

など、「ラウリル」と「硫酸」がつくいているシャンプーは、界面活性剤の力が強すぎる可能性があります。
なので、できれば「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているものは選ばないほうが無難です。
(でも、市販の安いシャンプーにはほとんど入っていると思います)

界面活性剤は、汚れを取るのに必要な成分なのですが、界面活性剤だけだと、髪の毛がギシギシになります。
そこで、手触りを良くするようにシリコン系の成分を入れて手触りを良くしているんです。

シリコンが入っていないと、手触りはかなり悪くなりますが、このシリコンも入りすぎると髪の毛には余りよくないようです。

シリコンの成分は・・・
  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シロキ

市販のシャンプーには必ずシリコンは入っているようです。
シリコンは髪の周りに膜を作り、髪の毛をツヤツヤにする力を持っています。
しかし、髪にシリコンが蓄積されると、膜が取れなくなり、髪が乾きにくくなったり、パーマがかからなかったり、というトラブルが出てくる恐れがあります。

なので、市販のシャンプーを選ぶ時は、 「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているか、シリコンは成分の順番の後ろのほうにあるかどうか(後ろのほうにあると量が少ない、ということになります)ということに気をつけてみてください。

こういったことが気になる方は、「美容室専売のシャンプー」や、「アミノ酸系シャンプー」を買うことをおすすめします!       スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアケアの方法
  シャンプー
スポンサーリンク
ありがとうございます!
シリコン入りシャンプーが悪いと聞いて、
検索してここへたどり着きました。

欲しかった情報が手に入りました!
丁寧に載せてくださって感謝します☆

[ 2010/05/12 11:16 ] [ 編集 ]
サブリナさん

コメントありがとうございます♪
シリコンは特に頭皮によくないようですよ~!
[ 2010/05/14 12:43 ] [ 編集 ]
シャンプーのことで、悩んでいたので 読ませていただきました。凄くわかりやすくて、役に立ちました。ありがとうございます。
[ 2011/04/02 22:23 ] [ 編集 ]
虹さん

コメントありがとうございます(*´∀`*)
お役に立てたようで嬉しいです^^
[ 2011/04/11 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク