簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーの悪い所・見分け方

TOP > スポンサー広告 > title - 市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーの悪い所・見分け方TOP > シャンプー > title - 市販のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーの悪い所・見分け方

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関連カテゴリ

  スポンサー広告
| TB(-) | CM(-) | [Edit]

市販のシャンプーは頭皮や髪の毛に良くない、ということは、一度は耳にしたことがあるかと思います。

市販のシャンプーは高級アルコール系シャンプーと言われていて、高級アルコール系シャンプーは髪の毛に悪い成分が入っているんです。
悪い成分が入っているお蔭で頭皮が痒くなったり、髪の毛が薄くなったり、パーマ、カラーがかかりにくくなったり、髪の毛の乾きが悪くなったり・・・というトラブルが発生する可能性があります。

ここでは、高級アルコール系シャンプーについて紹介します。
 border=

市販のシャンプーの高級アルコール系シャンプーとは


市販で売られてるシャンプーのほとんどが高級アルコール系シャンプーと呼ばれていて、スーパーなどで安く市販されているシャンプーはほとんど高級アルコール系シャンプーなんです。

昔は石油系シャンプーが主流だったんですが、環境に悪影響があるので余りよろしくない、という理由で最近の主流は高級アルコール系シャンプーになりました。


高級アルコール系シャンプーは・・・

  • なんといっても安い!
  • あわ立ちが良い
  • 洗浄力が強い(強すぎるので、頭皮に必要な皮質も取ってしまう)
  • 刺激が強すぎる

という特徴があります。
主婦には一番嬉しい「価格の安さ」に引かれて市販のシャンプーを使用している方が多いと思いますが、市販のシャンプー「高級アルコール系シャンプー」は安く作れるように余りよろしくない成分を使用している、ということなんです。

余りよろしくない成分が入っているので、髪の毛に良くない、と言われているんですねぇ・・・


市販のシャンプー(高級アルコール系シャンプー)の悪い成分の見分け方


汚れを落とすために、シャンプーには「界面活性剤」が入っています。
この、「界面活性剤」が市販のシャンプーに入っている悪い成分なんです。

「界面活性剤」は、汚れを落とすのに必要な成分なので、市販のシャンプーだけでなく、色々な種類のシャンプー剤に入っているものなのですが、「界面活性剤」が強すぎるシャンプーを使うと、髪の毛が傷んでしまうんです。

高級アルコール系シャンプーに入っている「界面活性剤」が、洗浄力が強すぎるので、髪の毛に悪い、と言うわけなんですネ。

シャンプーの裏を見てみると、たくさん成分が書いてあると思います。
その中に・・・

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • スルホン酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • パレスー3硫酸アンモニウム

といったような、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分があれば、高級アルコール系シャンプー=髪の毛に悪いシャンプーと言うわけです。

このような成分は、洗浄力が強すぎるので、頭皮や髪の毛に必要な水分や脂質を取り過ぎてしまいます。
なので、市販のシャンプーを選ぶ際には、「ラウリル」と「硫酸」がついていないか確かめてみましょう。



市販のシャンプーに入っている成分で、もう一つ余りよろしくない、と言われているのが「シリコン」です。
今はシリコンの入っていない「ノンシリコンシャンプー」を好んで選んでいる方も多く、界面活性剤より懸念されている傾向にあります。

シャンプーの成分シリコンは髪の毛に悪いの? スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアケアの方法
  シャンプー
スポンサーリンク
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/28 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。