簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

巻き髪の作り方・コツ

TOP > 巻き髪 > title - 巻き髪の作り方・コツ

最近はアイロンで巻き髪を上手に作っている方が増えましたね。
巻き髪がうまく出来ない・・・と言う方に参考になるように、巻き髪の作り方、コツを紹介していきます。
(絵付きです!下手ですが・・・)

巻き髪の作り方


まず、下準備として、スタイリング剤をそろえます。

  • ベースの巻き髪用のトリートメント剤
  • 仕上げのスプレー

ベースには、必ず何かつけましょう。
アイロンで巻くと、どうしても傷んでしまうので、髪が傷んでいる方は、トリートメント効果の高い洗い流さないトリートメントが良いです。
持ちを良くしたい方は、巻き髪用のカーラーウオーターを使いましょう。

仕上げのスプレーも、ふんわりにしたいか、がっちり固めたいかで、使い分けましょう。


髪の毛は、必ず乾いた状態で巻き始めます。
濡れていると、傷むわカールがつかないわ・・・でいい事なしです(;´д`)

まず、ブロッキングします。
まず、トップの毛のふんわりボリュームを出したい部分はをちょんまげにして分けておきます。
後頭部は横に3段に分け、サイドは2段に分けます。

後頭部の一番下のブロックから巻きます。
後頭部の一番下のブロックの髪の毛を、左右二つに分け、顔の横で立て巻きで巻きます。
巻き髪

こんな感じで、体の前に持ってくる感じで縦にホワード(内巻き)に巻きます。
髪の毛が長い場合は、まず根元から巻いて、形が付いたら中間、毛先、と3段階に分けて巻くと良いです。

後ろの3ブロックと、サイドの下のブロックはこんな感じで巻ける所まで巻きます。
 
トップの髪は巻きにくいので、巻けない髪はちょんまげをしているところと一緒に最後に巻くのでとっておきます。

次に、サイドの上のブロックを外巻きに巻きます。
巻き髪

ココを巻く時も、アイロンはたて向きに、したほうがかわいいし持ちが良いです。
サイドは基本的に外巻きをして流すスタイルが王道だと思いますが、内巻きにしても大丈夫なので、色々試してみてください。

 
後残るはちょんまげの部分、トップです。
トップの髪は、真横にスライスをして、地面と平行になるようにアイロンを入れ、頭皮ギリギリまで巻きましょう。
巻き髪

サイドや後ろの髪の毛で巻けなかった部分は全部ココで一緒に巻きましょう。

サイドや後頭部の縦まきは、毛束のスライスは薄いほうがいいのですが、トップの髪は、ふんわりさせるくらいで良いので、結構厚めにとって良いです。
(これもスタイルのよりけりですが)
 
トップの毛をふわっとさせるコツは、髪の毛を、頭皮に対して90度に持ち上げ、根元が起き上がっている様態で巻くことです。


最後に仕上げのスプレーをして終了です(*´∀`*)

巻き髪のコツは、
  • 巻いた髪の毛を外すとき、カールが崩れないようにそっと外す
  • 外した髪の毛は一時触らない
  • 髪の毛が長い場合は、分けて巻く(アイロンに髪の毛が何重にも重ならないようにする)
  • 最後のスプレーは、均一に

とこんなところです。
よかったら参考にしてみてくださいね(*´∀`*) スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  巻き髪
スポンサーリンク
勉強になります
はじめまして、また勉強に来させて頂きます。
[ 2009/11/18 17:16 ] [ 編集 ]
渋谷@美容師さん

コメントありがとうございます♪
サイトに伺ったんですが、どこにコメントを残していいかわからなくて・・・(;´д`)
また伺います♪
[ 2009/11/20 14:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク