簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

パーマが落る理由とは?

TOP > ヘアケア・髪の毛の悩みQ&A > title - パーマが落る理由とは?

Q.パーマをかけたんですが、すぐ落ちてしまいます。何か理由はあるのでしょうか。

パーマをかけて、一週間ほどでなんだかウエーブがだれてきているみたい・・・
せっかくパーマかけたのに、何週間かたつとウェーブが落ちてしまう。

パーマが落ちる原因はなんでしょう?

パーマが落る理由とは?


まず、パーマは、髪の毛のシスチン結合という髪のつながりを切断して、新たにウエーブになるよな接合にしなおすという働きがあります。

なので、この新た接合された髪の毛のつながりを定着させるためには、酸化させなくてはいけないんです。
パーマをかけた時、2種類の液をつけますよね?
巻くときにつける液と、巻いた後につける液です。

巻いた後につける液は酸性で、ウエーブを固定する働きがあります。

それだけでは不十分なため、空気中に髪の毛が触れているだけで、少しづつ酸化していくので、パーマをかけた日は、極力シャンプーはしないほうがいいのです。


あとは、髪質の問題もあるかと思います。
パーマは、髪質によって使う液、ロッドなど、違ってきますが、自分の髪質を美容師さんに分かってもらうこと、これがパーマの長持ちする秘訣かな~と思います。

しかし、ゆるいパーマはどうしてもだれやすいです。
なので、カールを維持できるように、トリートメントをしっかりしましょう

パーマをかけた後は、髪がどうしても傷みます。
傷んだ髪は、通常の健康な髪の水分の量より乾燥した状態になるので、水分を補充してあげることが重要です。
髪の水分が補充していると、綺麗なカールを維持しやすくなります。 スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ

  ヘアケア・髪の毛の悩みQ&A
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク