簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

パーマのスタイリング方法(ゆるいウェーブ編)

TOP > パーマスタイル > title - パーマのスタイリング方法(ゆるいウェーブ編)

ボディパーマっぽい、ゆるいウエーブのパーマをかけると、何もスタイリングをしなかったら、パーマがかかってるのかかかってないのかわからない・・・なんてこともありませんか?

どうやってパーマを出したらいいか、紹介します(*´∀`*)

ゆるいウエーブのスタイリング方法その1 髪をやや濡れた状態にする


乾いた状態からスタイリングする場合は、霧吹きで中間から毛先にかけて湿らせます。(中身は水でオッケイ!)

パーマは髪が濡れると出てくるので、ウエーブを出したい所を濡らしてウエーブを出します。
霧吹きがない場合は、手を水で濡らして、手で中間から毛先までをもみ込むようにしてウエーブを出します。

お風呂上りにスタイリングする場合は、まず、根元を完璧に乾かしましょう。
根元が乾いて、中間から毛先葉まだ濡れている状態にします。

ゆるいウエーブのスタイリング方法その2 スタイリング剤をつける


スタイリング剤は、ムースが良いです。

ここで使うスタイリング剤は、ワックスよりムースタイプのほうがムラになりにくいのでおすすめです。
ムースの種類ですが、ゆるいウエーブを出したいので、べたつくタイプのものをつかうと、束感が出すぎてしまうので、軽いタイプにしましょう。

ムースをテニスボールくらい手のひらに出し、髪の毛全体に、ムラにならないようにつけてください。

ゆるいウエーブのスタイリング方法その3 ドライヤーで乾かす


あとは、ドライヤーで乾かします。

乾かす前に、指で髪の毛をクルクル回してあげると、パーマが綺麗に出てきます。
ここで出したパーマを崩さないように、ドライヤーは弱風で、そっと乾かします。

ウェーブの部分を毛先から手の平にのせ、少し持ち上げて、そこに風をあてて乾かします。
こうするとウエーブがふんわりなります!!

ゆるいウエーブのスタイリング方法その4 仕上げのスタイリング剤


仕上げに使うスタイリング剤は、スプレータイプのものがいいです。
ワックスは重たすぎるので、ふんわりカールがだれてしまいます。

スプレータイプのものを2、30センチほど離して、まんべんなくふりかけましょう。
スプレーを近づけすぎたり、一箇所につけすぎたりすると、髪が重くなり、ふんわり感がなくなってしまうので、注意してください。
スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  パーマスタイル
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク