簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

ロングヘアのストレートブローの仕方

TOP > ブロー > title - ロングヘアのストレートブローの仕方

ロングストレートのサラサラストレートにブローする方法・・・。

自分でブラシとドライヤーを使ってブローするのって結構大変ですよね。
でも、ロングのストレートなら、ブローしてサラサラヘアにしたいですよね(*´∀`*)


ロングヘアのストレートブローの仕方


まず、少し霧吹きなどで髪の毛を湿らせます。

※ブローは必ず髪が濡れた状態から行います。(乾いた髪にドライヤーの熱を当てると痛んでしまいます)

癖ではねてしまう毛先をブローで直すには、根元の癖をブローで伸ばしてあげなくてはいけません。
毛先がはねるからといって、毛先ばかりドライヤーの熱を当て続けても、髪の毛が痛むばかりでまっすぐにはなりません。

なので、まず、根元からブローしていきます。
根元をブローするときに便利なのは、毛のいっぱい付いたブラシです。

毛のいっぱい付いたブラシを根元にあてて、上から梳くだけで、テンションがかかり、癖が伸びやすいんです。

髪の毛の下にブラシを入れてブローする必要はありません!
毛のいっぱい付いたブラシと一緒にドライヤーも当てて、根元の癖を伸ばすようにブローしていきます。

このとき、髪の毛をブロッキング(髪留めなどで髪の毛を分けること)をして、髪の毛の表面だけでなく、中のほうの根元もきちんとブローすることがポイントです。

癖が強ければ強いほど細かくブロッキングをして、根元を伸ばしてあげましょう。


一通り、根元をブローし終わったら、後は毛先です。
毛先はすいていたりして、髪の毛の量が少ないと思うのでブロッキングしないでも大丈夫かと思います。

ポイントは、まっすぐブローした後に、毛先にブラシを当てたまま冷風をかけて形を固めることです。

少し内巻きっぽくしたほうが跳ねにくいです。

髪の毛は、乾く瞬間に形が決まるので、わざと冷やして形を固定させます。


あと、ブロー用の洗い流さないトリートメントを毛先につけてからブローしたほうが痛みにくいですよ(*´∀`*) スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  ブロー
スポンサーリンク
あたしも
あたしもこのやり方でやれば出来ました(^_^)v
[ 2013/07/16 18:49 ] [ 編集 ]
Re: 玲菜さん
参考にしていただきありがとうございます^ - ^
[ 2013/07/18 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク