簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

美容室でブローしてもらった時のようなツヤツヤな髪にするブローの仕方

TOP > ブロー > title - 美容室でブローしてもらった時のようなツヤツヤな髪にするブローの仕方

美容室で髪の毛をブローしてもらうと、かなりツヤツ、ヤサラサラになりますよね。

自宅でブローしても美容師さんがブローしたときのようなツヤ髪にならない!

という方もいらっしゃるかと思います。

ツヤツヤな髪にブローする方法のポイントは、「根元から毛先に向けてテンションをかけてブローする事」です。
つまり、ちょっと引っ張ってブローします。

テンションをかけることにより、髪のキューティクルの流れが同じになります。
すると、ツヤが生まれてくるんです(*´∀`*)

ブラシでテンションをかけながらブローすることが難しかったら、ハンドブローでも大丈夫です。
髪の毛を上下に分けてから、ネープの髪の毛をまず軽く引っ張りながら根元から毛先にドライヤーを当てていきます。

髪の毛を分けることを「ブロッキング」と言います。

細かくブロッキングすればするほど綺麗にブローすることができます。
美容師さんが髪に毛を切るときや、ブローするときなんかに、髪留めで髪の毛を分けているのを見たことがありませんか?

髪の毛をブロッキングして、下の髪の毛をブローしたら、後は表面の髪の毛をブローしていきます。

ブロッキングをして、乾かす順番は、首周りの生え際のほうから表面に向かって、です。


あと、髪の毛は、濡れている状態から乾いた状態になったときに形が決まります
なので、テンションをかけてドライヤーを当てた後、少しの間(ハンドブローなら、髪の毛をひっぱたまま、ブラシを使っているのであれば、ブラシを当てたまま)の状態でじっとしてみてください。

すると、髪の毛の形が定まり、ツヤ髪になります(*´∀`*)


  • 髪が少し濡れた状態から乾かすこと
  • 根元からテンションをかけてブローすること
  • 毛先にブロー用のトリートメント剤をつけてからブローすること
  • ブローした後は、形を定着させるために、そのまま少し時間を置くこと


以上を頭に入れてブローしてみてください(*´∀`*) スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  ブロー
スポンサーリンク
(^O^)
はじめまして!
髪のダメージについて検索していたらこのブログを発見しました。
美容師さんに勧められたシャンプーとトリートメントを
このブログのリンクにあるような通販サイトで買って、
サイトに書かれているケアの方法を一から実践していたのですが、
なかなか思うような効果を得られませんでしたT_T
ですが、この記事のようなブローを素人ながら一生懸命してみたら、
本当に髪がツルツルになって驚きです
毛流れって本当に大切なんですね!
いつも髪の毛の左側が右側に比べて痛んでいたのですが、
左側が乾かすのが苦手で適当になっていたのが原因だったような気がします(°_°)
毛流れを意識すると左もツルツルにT_T!
ただドライヤーをあまり近づけすぎないようにしたつもりでしたが、
乾かしている手がとても熱い…( ;´Д`)
市販のドライヤーは熱が高すぎるのでしょうか( ;´Д`)

コメント欄にとても長文になってしまいましたが、
このようなブログに出会えてラッキーです( ´ ▽ ` )☆
ためになる記事をありがとうございました
[ 2013/08/13 00:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/11 10:04 ] [ 編集 ]
さやこさんへ
参考になったようでとても嬉しいです!
ドライヤーの温度は、市販のものもあまり変わらないとおもいます。

なので、ドライヤーを小刻みに揺らしながら手が熱くならないようにすると良いです!

こちらこそ、コメントありがとうございました♪
[ 2013/10/05 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク