簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

シャンプーなどのヘアケア剤に入っているシリコンの水溶性・油溶性とは

TOP > シャンプー > title - シャンプーなどのヘアケア剤に入っているシリコンの水溶性・油溶性とは

シリコン入りシャンプーは危険!!

と現役美容師さんに言われ、 シャンプーの成分シリコンは髪の毛に悪いのか?ということで、シャンプーに入っているシリコンについて、色々調べてみました。

調べたことを記事に書いているんですが、「その含有シリコンが水溶性か否かが問題なのです。」というコメントを頂きました。

シリコンって水溶性、油溶性、揮発性などの種類があったんですね。
今回は水溶性シリコンや油溶性シリコンの成分などについて調べてみました。


水溶性シリコンと油溶性シリコンの違い


シリコンには色々種類があって、サイズにも差があります。
水溶性シリコンやサイズの小さいシリコンは、髪の毛に残留することが少ないんだとか。

逆に油溶性シリコンやサイズの大きいシリコンだと髪の毛に残りやすく髪の毛や頭皮にあまり良くない、と言えます。


じゃあ水溶性シリコンだと良いの?


水溶性シリコンとは、水に溶けないシリコンを水に溶けやすくしたものです。
なので、油溶性シリコンよりは水に流れやすい性質を持っているようですが、水溶性といっても完璧に髪に残留しないと言うわけではないようです。

ちなみに水溶性シリコンを使用しているらしいサイオスの評判はマチマチですよね・・・

シュワルツコフ製品は美容師の頃使っていたので大好きなんですが、サイオスはシュワルツコフが作ったくせに成分よく無いじゃん!!という口コミを良く見ます(;´д`)

水溶性シリコンにも種類が色々あるようなので、水溶性シリコンを使ってるから大丈夫!!!と言うわけでもないようなんですよね。

質のいいもの、悪いものが存在する、と言うことです・・・


水溶性シリコンの見分け方は?成分表示は?


これ、調べてみたんですけどよく分からないんですよね。
(分からないなら書くな~!!(;´д`) )

ちなみにジメチコンポリオールと言う成分は水溶性シリコンらしいです。
その他の成分は分かりませんでした(。-`ω´-)ンー

シリコンの成分として有名なのは「ジメチコン」なんですが、「ジメチコン」の大きさが違っても、「ジメチコン」の表示になってしまうので、見分けるのは難しいですよね。

成分表示にシリコンが含まれていても、それは低分子の小さなシリコンかもしれないし、水溶性のものかもしれないので、シリコン入り=悪い と言うわけではないんですね。 スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアケアの方法
  シャンプー
スポンサーリンク
すてきなブログですね。
美容すきなんでとてもおもしろいです。

[ 2011/03/30 12:13 ] [ 編集 ]
亜麻りんさん

読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
これからも頑張って更新してゆきます~^^
[ 2011/04/04 13:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク