簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

シリコンが気になる方におすすめ アミノ酸系シャンプーの選び方

TOP > シャンプー > title - シリコンが気になる方におすすめ アミノ酸系シャンプーの選び方

シャンプーの中に入っているシリコンが気になる・・・

そう思い出したのは、美容院に行ってデジタルパーマをかけたときでした。

髪の毛にシリコンが蓄積されていると、特にデジタルパーマがかかりにくいんだそうです。

美容師を辞めて、すっかり専業主婦の私は、今まで使ってきた美容院のシャンプー&トリートメントを使わず、安い市販のシャンプーを使用していました。

主婦は節約家ですから・・・

ということで、シリコンが気になる私は価格的にも手が出せるようなおすすめシャンプーを探してみました。


おすすめシャンプーはアミノ酸系シャンプー


シャンプーには市販のシャンプーに多い「高級アルコール系シャンプー」と、「石けん系シャンプー」と「アミノ酸系シャンプー」があります。

その中でおすすめなのは、「アミノ酸系シャンプー」。

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄剤(界面活性剤)にアミノ酸系成分を使用しているシャンプーのことです。
アミノ酸系シャンプーは、市販のシャンプーに多い「高級アルコール系シャンプー」に比べて洗浄力が弱いのが特徴です。

洗浄力が弱いので、洗い上がりがサッパリしないことが多いですが、余分な皮脂を洗浄していないという事なので、おすすめシャンプーといえるんです。
※汚れは落として、皮脂は落とさない事を選択性洗浄機能と言い、アミノ酸系シャンプーの特徴です。

アミノ酸系シャンプーの特徴
成分(アミノ酸系洗浄剤)
  • ココイル~
  • コカミド~
  • ○○グルタミン酸
  • グリシン
  • タウリン
  • アラニン
  • ヤシ油脂肪酸
  • ラウリン酸
洗浄力 弱い
液性 弱酸性
頭皮への刺激の強さ 弱い
メリット 肌に優しく、肌に必要な皮脂まで洗浄しない選択性洗浄機能がある
デメリット 高い
市販で手に入りにくい
スッキリ洗った感が少ない


アミノ酸系シャンプーの選び方


頭皮に優しく、髪の毛にも優しいんなら、アミノ酸系シャンプーを使いたい!!
けどどうやって見分けるの??

と思ったら、シャンプーの裏の成分表示を見てみて下さい。

その中に、「ココイル~」「コカミド~」と言う成分があればアミノ酸系シャンプーだと言えます。

無添加シャンプーと言われているものも、アミノ酸系の洗浄剤が使われているようなので、無添加シャンプーもアミノ酸系シャンプーに入るんじゃないかな??

アミノ酸系シャンプーの他にも、「ベタイン系シャンプー」と言う種類があり、ベビーシャンプーやリンスインシャンプーなんかに使用されている低刺激のものもあります。



最後に、アミノ酸系シャンプーだから安全、無添加シャンプーだから髪の毛に良い!!と言うわけではありません。

アミノ酸系の成分がほんのちょっとだけ入っているシャンプーでも、「アミノ酸系シャンプー」に分類されるんだそうです。

なので、選ぶときには、成分表示の最初のほうに「○○グルタミン酸、ココイル~」などの成分があるかどうか確かめるといいですよ!

石鹸シャンプーのデメリット 髪の毛にいいの?
アミノ酸系シャンプーのおすすめ 低価格で市販! スポンサーリンク

関連記事
 関連カテゴリ
  ヘアケアの方法
  シャンプー
スポンサーリンク
私も元美容師です。
わかりやすい内容、正しい知識、正直驚きました。
今でも色々とアドバイスを求められることがありますが、ぜひとも今後の参考にさせて頂きます。
ありがとうございました!
[ 2014/02/09 20:27 ] [ 編集 ]
高尾 祐介さん
実は美容師の頃はシリコンなどはあまり気にしていなかったので、調べた情報です(´∀`;)
参考になったようでうれしいです!
[ 2014/02/10 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク