簡単に出来るヘアアレンジ方法を紹介します。ヘヤーアレンジやヘアケアの方法や、まとめ髪、お団子の方法など元美容師のおすすめ情報を掲載しています。

ヘアアレンジ方法 もと美容師のおすすめ情報

TOP > ARCHIVE - 2014年04月
スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関連カテゴリ

  スポンサー広告
| TB(-) | CM(-) | [Edit]

パーマのスタイリングって慣れるまで難しいですよね。

ゆるいウエーブだと出にくいし、強いウエーブでもパサ付いて綺麗なウエーブが出なかったり・・・

そんな時のおすすめのスタイリング剤をおすすめしたいと思います。

oshare_20110218225838.gif


スポンサーサイト

巻き髪の初心者さんや、巻き髪のコツを知りたい!!と言う方におすすめなのが青山のトップスタイリストが教える巻き髪講座 かんたん! 誰でもすぐできる!です!

この本一冊で巻き髪のコツがつかめます♪
基本的なコテの使い方から丁寧に説明されていて、ヘアケアのことも掲載されています。
髪の毛はこうしたら痛みやすい、髪の毛のハネはこうしたら直せる、くせ毛の対処法・・・などなど、巻き髪のコツと同時に、色々な情報が詰まっています♪

 関連カテゴリ
  ヘアアレンジ
  巻き髪

ヘアアレンジのカタログも、最近はかわいく、分かりやすい本が出ていますね。
「ヘアアレンジが苦手・・・」という方は、ヘアアレンジのカタログを見ながら練習すると、上達も早いと思います。

ヘアアレンジが苦手な方でも簡単で分かりやすく、評判の良いヘアカタログを探してみました。



癖毛の方におすすめなのは、癖毛専用の洗い流さないトリートメントを使うことです。

癖毛の方はブローしても、時間が経つと癖が出てきてしまいます。

髪の毛は濡れているときは乾いているときよりも癖が収まっていますよね?
徐々に髪の毛が乾いてくるにつれて、癖は出てきます・・・。

ストレートへあの方よりも、癖毛の人は、髪の毛が乾燥しやすいんです
なので、ブローしても、ストレートヘアの方より、早く癖が出てきてしまう、というわけなんです。



髪の毛が傷んでしまうと、髪の毛の中の水分が外に出やすくなってしまいます。
なので、ドライヤーで髪の毛を乾かすと、髪の毛に必要な水分まで出て行ってしまい、さらに傷みやすくなってしまう・・・ということになります。

そんなときには、「イオンドライヤー」がおすすめです


普通に三つ網をして、ゴムで結び、みつあみの表面の外側の毛だけを引っぱるとゆるいルーズな可愛い三つ網になります。

実践してみました(*´∀`*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。